07/08 Pre-Season シーズン 予習[2/2] (filed:17.-25.Aug.'07)  >>>page1

"各ポジション毎の予習&期待度の理由など "


脳味噌フル回転、マネージャーと三銃士

Sparky, Bowen, Ed-Nieds, Hitchcock

 素敵なSparky以下、裏番長Bowenちゃん、知的なのに底抜けに明るいEddie&kevin。「頭」部分は今シーズンも健在。優秀な戦績と統率力にあちこちのビッグクラブ(*1)から引き抜きの噂が絶えないのが何より心配。
あっと驚く采配は無いけれど... 堅実な戦術で今シーズンも何とぞ宜しくお願いしたい。
 このままでいいのよ、このままでお願いと言いつつ、ひとつだけリクエストさせて頂けるなら「交代枠の2人はもう少し早く使ってみては頂けませんか?」相手の出方を見てというのものなので、私のような素人が意見したくないんだけど、もうちょっと早くてもなあ、と。(60分を過ぎる頃に「そろそろ交代カード切るな」と思ってしまうのは...フロンターレの関塚さんの交代投入テンぽの影響だな...)

(*1)ビッグクラブは文字通りのビッグ (有名でお金持ち)なクラブの意。Birmingham Cityのことではありません。


今季も超人が堅守のGK

1 Brad Friedel ブラッド・フリーデル 

 「鉄人」ではなく「超人(もはや人間ではない)」域に達してしまったFriedel様が君臨。イヤなんじゃなくて「君臨し続けていて欲しい」んですよ。このまま還暦になってもゴールマウスに立ちはだかってそうなFriedel様ですが、そうはいっても年齢は不安です。怪我したら長引きそうだし…。そして、素晴らし過ぎる1st GKなので2nd GKにまず滅多に出番が回ってこない...2番手のBrownもFriedel様の負傷時に交代で出るや否やPKを止める!華々しい記録を持っていますが、でも出場はこれっきりなんだよな。こんなことでFriedel様の跡継ぎが育つのでしょうか?贅沢な悩みですな。
 とにかく、Friedel様は今季「この年齢でこのインパクト!」というのを見せていただきたい。今まで以上のビックリを見せていただきたい(今までもとてつもなくブリリアントなのでこれ以上凄いってどんなんだか想像つかないけど)Rovers132年の歴史で唯一ゴールを決めたことのあるキーパーですが、せっかくだから1ゴールで打ち止めにしないで記録更新しちゃえ!です。

2ndGKはBrownで定着、かな。リーグカップ戦の初回あたりで見たいですな。

 いよいよ放出されるか?瀬戸際の「社長さん(*)」も残留し、Reservesから昇格したり、若手を獲得したり...1stチーム登録のGKが5人もいるというのは…、いうのは…、いくらなんでも多過ぎじゃないでしょうか?1番が凄過ぎて2番以下の序列が混乱してるんでしょうか?
 あ、あと、新しく獲得したGunnnerはなかなかカワイイですね、クマの子供みたいで。でも人と話してるときに手をポケットに入れてぐらぐらしてる様な子は...伸びないぞ!

(*)社長さん=Enckelman


フィジカル律儀なDF部

6 Ryan Nelsen ライアン・ネルセン

 改めて説明の必要もない守備部長。動かざる事山の如し、戦国時代の屈強にして策略家の武将なみたいな選手。律儀で堅牢な持ち味なので派手さに欠けるがほぼ完璧なDF。
昨シーズンの前半まるまる怪我で棒にふってしまい、彼のキャリアも痛かったが、チームとしても激痛を被った。締めるところが締まらずゆるゆるになり、戦績が上がらず苦労した。
 今季は怪我無くびしっと締めて下さい。よろしくお願いいたします、と部長には深々頭を下げておきたい。

7 Brett Emerton ブレット・エマートン

 フルバックとしてイイ味出してきて、攻撃参加も良い感じで3シーズン目にして本来の輝きが出て来たEmmoちゃん。ですが、何かもう一段階パっと明るくきらめく感じが欲しい。光り出しそうな気配はあるのだが...。たまにチラッと光ってるんだけど...。
 過酷なアジアカップから戻ってきたらやはりちょっとやつれたような。そう、あのアジアカップでオフがほとんどなかっただけに疲労とそこに派生する怪我に気をつけていただきたい。...あー、そうだ、W杯予選始まるんだ〜。過酷な短時間長距離移動だ...。大丈夫かな、心配だ。(OFC加盟のままだったらAFCほどキツくなかったのにさあ...)

13 Zurab Khizanishvili ズラ・キズニッシュウィリ

 黙々と働く地味な選手なので目立たないが、ここでガツンと一発!レギュラー獲っちゃって欲しいんだけど...難しいのはわかってるけど....。期待してます。......出場機会が減って冬に北に移籍しちゃわないかが心配。

3 Stephen Warnock スティーヴン・ワォーノック


 活躍のわりに取り上げられない。おかしい、ここまでイイ仕事してるのに!
走り惜しみしない精力的なフルバック。今季ますますの活躍を!
 守備面、相手がペナルティエリアに近づいてくるとものすごい勢いで突進し、シュートやクロスを阻む。ペナルティエリア内に入っていても鋭いスライディングのPKを恐れない勇気ある守備。相手がシュートを打っても横からものすごい勢いでスライディングしてゴールマウスを守る場面が今までに何度も見られた。タックルにせよスライディングにせよファウルやカードをもらうプレイではない。
  攻撃面、Gamstenとオーバラップし合いながら上がっていく事も少なくはない、が、まだ連携が完璧ではない。何かもう少し工夫が必要な気配。ドリブルで前線に駆け上がるのを躊躇している様子も見られたが、今季(07/08)に入ってそれも解消されてきたようである。ただし、ロングフィードは問題なく、非常に正確でGamstenにも、後方より大きなサイドチェンジを右のBentleyやDerbに出している。
 Bentley並みの大変身を遂げるのではないかと期待している。

 アカデミーから今季背番号をもらった中でスタッフに一番評価されているTony Kaneにも期待。ストレートで1stチームにでてくるかどうかは微妙だが。まずはローンで丁稚修行。丁稚先で活躍してから、ではないだろうか?
 プレシーズンマッチでデビューしたMartin Olsson にも期待をしておきたい。DFは交代で出る機会も他のポジションに比べ少ないので、どのくらい出番がまわってくるか....。でも見たいな。
 Andy Taylorはリーグカップで対戦相手が格下だったら出られるかもしれない。その時期にローン修行にでていなければ。


花のMF部

14 Steven Reid スティーヴン.リード

 05/06シーズンに試合事にどんどんシャープに。恐ろしいほどの切れ味を見せ、どんなに楽しみにしていたか...脚、背中(腰)と故障に祟られ1シーズンを棒に振った。セントラルMFは歯の無いナイフ状態になり、チームは攻撃のオプションを落とし苦しんだ。ナイフの歯がなまくらだとモノを切ってもぐちゃぐちゃになっちゃって、大変ですよ!一刻も早く歯が研ぎすまされた状態で帰って来てくれないと。
 今季もまだ完全ではないが着実に復帰の階段を上がっているとの事。一日も早く復帰してあのシャープなパフォーマンスを見せて欲しい!

8 Robbie Savage ロビー・サヴェージ

 エナジェティックにピッチを駆け回り、チームをサポーターを鼓舞し続けるRoversの元気と陽気の源。昨季は後半3分の1を怪我で欠場。UEFA杯、FA杯、リーグの最後の追い込みに兄貴の不在は大きく響いた。
今季は怪我無く、チームを活気づけ、牽引...してもらわないと困る!...それに、オマケというには重要な部分、兄貴がピッチにいるといないとではエンタテインメント度も全然違いますから!

19 David Dunn デヴィッド・ダン

 移籍先のBirmingham-Cでなびいた故障。Roversに復帰後、有り難い事に大きな故障には見舞われなかった。が、ペースとリズム感が上手く取れていないもたつきに悩まされた。しかし、試合に出れば出ただけ、勘の冴えが戻って来たようだ。今季は公式戦3試合目でRoversでは約4年ぶりのゴールを決める。
  調子に乗るとどこまでも乗るタイプなので、どんどん調子に乗って欲しい。相手の鼻先でからかう様なプレイ、そしてなんの前触れもなく急加速、そして急減速、あのギアチェンジは独特!調子に乗ってるDunnieほど見ててわくわくする選手はいない。
あかるいキャラもピッチでの活躍のうえに輝く。

12 Morten Gamst Pedersen モルテン・ガムスト・ペデルセン
11 David Bentley デヴィット・ベントリー

  Roversの真の戦力にしてカワイイお花ちゃんズ。快活なパフォーマンスに胸が躍りますよ!一目瞭然、見りゃわかる。わざわざ何か書く事もあるまい...。
 右)このBentleyの途方も無い成長ぶりはなんなんだ。上り坂を疾走してる。ドリブル冴え渡るわ、クロスは切れてるわ、超絶FK蹴るし...煌めくRoversの星。このまま劇的に良くなり続けて欲しい。天井知らずで、よろしく。
 左)Roversの飛び道具。極技のFC,CK、そしてロングスロー。そしてお茶目なキャラ。掛け値無しに素晴らしい。
Manureの選手に準えるのはいささか不本意だが『新』ギグス&ベッカムと言われてる。

ベテラン中のベテランTugay様は今季も健在。すべての試合にフル出場は無理だが、ピリっと利かせるところは利かせて欲しい。パサーの後継者は誰なんだ!焦るところである。
Sergio Peter 05/06でのデビューシーズンが手堅かったが、06/07シーズンはもっと出番が増えるかと思ったが、チームが必死に持ちこたえなくてはいけないシーズンだったので、見ている方も当てが外れた出番の少なさに終わってしまった。悔しかったであろう。踏ん張りどころだ!腐るなよ! あの熱血な攻撃参加が見たい。出場機会が増えてくれる事を期待してる。

期待の新星は輝くか?FW部

現時点で登録FWは6人。2トップと考えると...誰と誰を組ませると良いのか...。

10 Benedict McCarthy FW ベニ・マッカシー
 え?出て行かないのかBenni!いくら昨季の得点王でリーグでも2番だったとしても「出て行きたくてたまらない」選手にいてほしいとは思わない。あの非常に「おざなり」な態度と発言が不快。ピッチ上でも「自分勝手になんかしてる」タイプで、いくら点を上げても見てて嬉しくならないストライカーなもんで。仰天の高値でどっかに売りつける(Cで始まる金満クラブ)といいな!と願っていたが、いまんとこ残留しそうだ。あーあ。...あそこまで結果を出したのにもかかわらず、ここまで残留にがっかりする選手は初めてだ!

30 Jason Roberts FW ジェイソン・ロバーツ
 Robertsもあちこちから引き抜きの噂が絶えない。残ってほしい。こういう地味だけどしっかり仕事をする職人的ストライカーを失う痛手は計り知れない!!

18 Paul Gallagher FW ポール・ギャラガー

 もっと弾けて欲しいんだよGally! まさか君の頂点はStead君と組んでた「GAS (Gally & Stead)」時代でおわったわけじゃああるまいね!視野は広いし、いろんなアイデア持ってるように見えるんだよねえ...。個人的にはウインガーに転ると大化けするんじゃないかと思ってるんだけど...。技術が習得できるならばセントラルMFでパサーなどをやってるのを見てみたい。ゲームが組み立てられる頭脳の持ち主だと私は信じている!ともあれ、今シーズンこそストライカーとして弾けてくれ!頼むよ!いい加減はじけないと移籍リストに載っちゃうよ〜!

Matt Derbyshireマット・ダービシャー

前線を右に左に自由に動き回ってチャンスを作るDerb。特別なにか技巧に優れてるわけではないのだが、ゴールの嗅覚が並外れている。走り惜しみしないプレイスタイルも、チャンスを作り出す。
明らかに「未完成」な感じがするが、変異得意技を作って固まってしまっていないところが伸びしろを感じる。
  06/07シーズンは開幕早々に素晴らしい中距離シュートを決め、これはもう前途洋々と表現するしかないでしょう!
  今やイングランドU-21代表でコンスタントにゴールを決め、定着。このまま更なる飛躍を願って止みません。

  「お好みチョイス」のストライカー、Derb以外誰を選ぶか...困ったな。いっそ1トップにしようかと思ったが、1トップは見ててつまんないので無理矢理チョイス。Gallyを選ぼうか...うーん....。仕方ないな〜Roqueでも選んでおくか

友人がMeet&Greetに行ってきました。丁寧でイイ感じの人だったそうです。
この『キメ』のクレスト・ドアマットの上の画像、一般的には正面からのを使いますが、横から見たウンコ座りが面白くて選んでみました。

オマケ:9 Roque Santa Cruz ロケ・サンタ・クルス


 この夏の獲得はRoque。華やかな移籍ニュースのなかったRoversはクラブをあげて盛り上げようと必死に。プレミアでのブラジル/アルゼンチン等南米選手獲得ブームに乗ってみました?ブームに乗るのも大事だよね。でもそれがパラグアイってところがRovers!
  個人的にブンデスを見ていなかったので久しぶりに見たRoqueにびっくり。そりゃ美少年も年取りゃオッサンになるのは当然なんだが。見た目はどうでもいいんだ、仕事してくれりゃあ...昨シーズンはたったの2ゴールだったというではないか!そんな若くして半化石化した名前だけは有名人に大枚はたいてどーする?と心配したが、どうやら他所で引き合いが無かったようで移籍金は並に高いけれど、個人契約は足下を見たご様子、良し良し。来るなりスタジアムでファンサービスするわ、新Kitの発売記念サイン会には出るわ...どうやらファンサービス(地域活動)を契約に盛り込む事に成功したようである。働かせろ、働かせろ!滅私奉公でよろしく
 蓋を開けてみれば、それなりにゴールを決めたりもしている。対戦相手に傾向と対策を練られる前に取れるだけ点を取っておいてほしい。(なんか手のうち読まれそうで心配なタイプだよな〜) 2シーズン在籍すればいい方かな?と思っている。プレイスタイルはチームにフィトしそうだが、生活面が落ち着けるのか、現地に馴染めるのかどうかに疑問が残る。!とりあえず英語で会話できるのは安心材料の一つ。Roversで英語話せないとまず成功しないからな。(Souey時代ほど顕著ではなくなったけど)あとは代表引退してないんだよな?ったくもー!またリーグ戦の最中にはるばる南米まで強行スケジュールで往復すんのかよー!だから遠い国の選手獲得するのヤなんだよっ!なんだかいろいろ考えてたらだんだんムっとしてきた。ケっ!

...そうだ!Raffaがいた!イタリア生まれ、イタリア育ちだけど引き抜いて来てすでにアカデミーで4シーズン。 急激に成長を遂げて1stチームに上がってきて大活躍で旋風を巻き起こす!DerbとRaffaで点獲りまくり!....こりゃメチャクチャ楽しいわ。まだReservesのRaffaを「お好みチョイス」に入れてみました。

 ...データ見ての通り、アカデミー上がり以外のストライカーは1シーズンのみの在籍が近年では通例化しています

>>>選手紹介   >>>07/08 予習[1]に戻る   >>>サイトマップに戻る


07/08 kit


>>>レプリカシャツのご用命はクラブショップへどうぞ

ホームの「脇の下」が気色悪いゼブラ柄なのはバンザイしなけりゃわかりませんから!



[広告宣伝:サイト管理人の著書]
英国(イングランド/スコットランド/ウエールズ)のフットボールクラブの着ぐるみマスコットの紹介本。   どいつもこいつも見た目は半端じゃない脱力ヘタれ系しかし中身はクラブへの情熱で燃えまくり。そのギャップがおかしくてたまらん!
フットボールは試合の勝敗だけでなくその雰囲気を楽しむものなんだとしみじみ。 英国フットボールを取り巻くフットボール・カルチャーにもう夢中!
何はともあれ「どんなにへなちょこおぽんちな外見なのか」見て!爆笑して脱力できますから!

Webで購入>> amazon / bk1 / Yahoo ブックス