91-92 Div-2 Play-Offのプログラム

このシーズン昇格を決めたのは
Ipswich Town 84pt
Middlesbrough 80pt
プレイ・オフにもつれ込んだのは
Derby City78pt
Leicester City 77pt
Cambridge Utd 74pt
Balckburn Rovers 74pt
この4チーム。
プレイ・オフの最終戦は対Leicester City (25.May.'92 @Wembley)
両者実力ほぼ互角。押して押されての大接戦。
Newellのペナルティが決め手となり1-0で勝利と昇格を手にした。(セーブされた2度目のPenを獲ったのはSuper ATKO。Penの判定の瞬間
ペナルティエリアで正座したままガッツポーズ!)
この勝利から90年代のRoversの痛快大進撃が始まったのであった。
---なぜかKenny"KING"DalglishはTシャツ姿で指揮。まるでWenbleyの近所に住んでるオジサンがプラっと観戦に来たかのように。相手のLittle氏はちゃんとタイ締めてるのにさ。
プレイ・オフってのは本当に物凄い気合いの入った試合。こんな緊迫した状況下の試合はそうそうないだろう。終了のホイッスルが鳴った瞬間倒れて死ぬ んじゃないかってくらい。

<<Squad Formationはこの布陣


若いKing Kenny


Mimms


Wright


Price

Sherwood

Speedie

Garner
(画像をClickするとちょっと大きくなります)

King Kenny若いっ!! Sherwoodも若いっ!(まさかこの3年後に彼等がリーグ優勝のカップを高々と掲げるとは...)

Kさんの友人(Leicester サポーター)にお借りしたパンフレット。あまり見る機会の無いものなのでUPしてみました。
貸して下さってありがとう、本当に嬉しい!
また、この試合を見せて下さったSさんにも感謝多謝。本当に本当にありがとうございます!!